Juni 2024

Juni 2024

6月といえば、日本はしとしと雨の梅雨、もわっとするあの気候ですね。しかしその中にも静けさや、紫陽花と雨の雫など美しいものを傘の合間から目にしたりと素敵な季節でもあります。

ドイツでは1年で一番天候も良く、夜は10時過ぎまで明るいというまさに夏!というムードでいっぱいです。

ドイツの人々がこの時期に楽しむことといえば、バーベキューです。

そこで今回はドイツの一般的なバーベキューについてご紹介します。

 

ドイツのバーベキュー文化:伝統とモダンの融合

・ドイツのバーベキューの歴史と背景
ドイツでは、バーベキューは「グリル」と呼ばれ、特に夏になると多くの家庭や公園で行われます。この文化はアメリカからの影響を受けつつも、独自の進化を遂げています。ドイツのバーベキューは、ビールとソーセージが欠かせないアイテムとして広く知られています。

・ 伝統的なドイツのバーベキューメニュー
ソーセージ
ドイツのバーベキューで最もポピュラーなのはソーセージです。ブラートヴルスト、カリーヴルスト、バイエルン風の白ソーセージなど、地域によって様々な種類が楽しめます。特にブラートヴルストは、そのジューシーでスパイシーな味わいが人気です。

肉料理
ソーセージ以外にも、豚肉や牛肉のステーキ、鶏肉のグリルが一般的です。これらの肉は、シンプルな塩胡椒の味付けや、ハーブやパプリカ、ビールを使ったマリネで調理されます。



ベジタリアン&ヴィーガン
最近では、健康志向や環境意識の高まりから、ベジタリアンやヴィーガンのバーベキューも人気を集めています。グリルした野菜や豆腐、さらにはヴィーガンソーセージ、ステーキなど、選択肢は広がっています。分厚いグリル用のチーズもあり、これでタンパク質もたっぷり取れます。

グルメスタイル
ドイツでは、バーベキューが単なる料理の手段を超えて、グルメな楽しみ方として進化しています。お子様がいる家庭では、木の棒にパンのタネをくくりつけて直火で焼くシュトックブロートも大人気です。

幼稚園や小学校の行事でも夏にはクラス単位でグリルパーティが開かれたりとドイツ人が大好きなスタイルなのです。

【ドイツのバーベキューイベント】
グリルフェスト
夏になると、ドイツ各地で「グリルフェスト」と呼ばれるバーベキューイベントが開催されます。これは家族や友人が集まり、バーベキューを楽しむ大型のイベントです。音楽やダンス、ビールが加わり、まさにドイツ流の夏の楽しみと言えるでしょう。

ビアガーデン
ビアガーデンも、バーベキューを楽しむ絶好の場所です。屋外でビールを片手に、バーベキュー料理を楽しむ光景は、ドイツの夏の風物詩です。ビールも必ずしもアルコールである必要もなく、ノンアルコールビールの種類も豊富で美味で人気となっています。

まとめ
日本の河川敷で行われるバーベーキューとは一味違ったドイツのバーベキューは、伝統的な要素とモダンなトレンドが融合した豊かな文化を持っています。ソーセージや肉料理から、ベジタリアンやヴィーガンの選択肢、さらにはグルメスタイルまで、楽しみ方は無限大です。是非夏には、家族や友人と共に、ドイツ流のバーベキューを体験してみてはいかがでしょうか。

Back to blog